大岩直人。naotoiwa 

一橋大学卒。美術史専攻。1984年電通に入社し、空間デザイン部門にてショールームや展示会ブースの制作・美術展のキュレーションを担当した後、1997年よりクリエイティブ部門へ。1999年インビジョンアワードグランプリ、2005年NYワンショー金賞、2007年カンヌ広告祭銀賞、2015年カンヌライオンズ銅賞。カンヌライオンズ、NYワンショー、アドフェスト、東京インタラクティブ・アド・アワードなど国内外の審査員を歴任。2015年電通を退社。2016年からは「モノ・カタリ。」の屋号で活動。ブランディングコンサルタント、コミュニケーションコンサルタント。最近は各分野のアーティスト、テクノロジストとのコラボレーション、キュレーション、ディレクション業務に携わることも多い。2017年4月より、東京経済大学 コミュニケーション学部 教授。

 

主な受賞歴

 

1999年 サンフランシスコ、インビジョンアワードGP

2005年 NYワンショーインタラクティブ金賞

2007年 カンヌ国際広告祭銀賞

2011年 中国広告祭金賞

2015年 タイ、アドフェスト銀賞、カンヌライオンズ銅賞

 

主な審査員歴

 

2003年 カンヌ広告祭サイバー部門国際審査員

2003年 NYワンショーインタラクティブ国際審査員

2005年 NYワンショーインタラクティブ国際審査員

2006年 タイ、アドフェスト国際審査員

2008年 東京インタラクティブアドアワード審査委員長

     (2003-2012年常任審査員)

2017年 宣伝会議賞審査員(2008年から現在まで)

 

 

 

Biography in English

 

Graduated from HItotsubashi University. Majored in art history. Naoto joined Dentsu in 1984 and started his career as a space planner. Designed many showrooms and booths for business exhibitions, and planned some art exhibitions as a curator. In 1997, moved to the interactive creative division and started making cyber works as a creative director and copywriter. After leaving Dentsu, Naoto became an independent Creative Director and Curator. Making many works not only in advertising but also in media art. And also Naoto is a Professor, Faculty of Communication Studies at Tokyo Keizai University from 2017.

 

Won San Francisco Invision Awards Grandprix in 1999, One Show Interactive Gold in 2005, Cannes Cyber & Media Sliver Lions in 2007, and Cannes Promo & Activations Bronze Lions in 2015. Judged Cyber Lions at Cannes in 2003, and twice for One Show Interactive in 2003 and 2005, and Cyber Lotus at Adfest in 2006. And also the president of juries at Tokyo Interactive Ad Awards in 2008.

 

 


日々のエッセイはこちら:naotoiwa's essays & photos