モノ。手に取ることのできる確かなモノ。目には見えるがすぐに消えてしまうモノ。デジタルテクノロジーの進化によって、フィジカルとヴァーチャルの境界線がシームレスになりつつある今、改めて、モノとは何か?

 

モノモノしいモノもあれば、モノ哀しかったり、モノ憂かったり、なんとなく曖昧なモノもある。もののあはれ、のモノとはなにか?そんな有形無形のモノたちを紡ぐストーリー、物語とは何か?

 

あらゆる物語のパターンは既に語り尽くされてしまっているというのは本当か?新しいメディアの出現によって、今までとは全く異なる感情やドラマツルギーが生まれる可能性は本当にないのか?

 

メディアの一大変革期の今こそ、物語を考えることはますます面白い。

 

 

新しいモノの見方を提示したい。モノ・カタリ。 

 

 

 大岩直人。 naotoiwa

 creative director, curator, writer&photographer